News&Blog 
ニュース&ブログ

News&Blog

【11月30日更新】~新規入国禁止~水際対策強化に係る新たな措置(20)

 

申請取次行政書士の秋元です。

 

つい先週、水際対策強化に係る新たな措置(19)についてコラムを書いたばかりですが、新たな変異株であるオミクロン株の登場により、水際対策は大きく変更されました。

 

変更点(1)外国人の新規入国停止

 

11月30日(火)午前0時(日本時間)以降外国人の新規入国が停止されます。新規入国のために既に査証(ビザ)発給済を完了されている方についても、11月30日(火)午前0時以降は入国不可となっていますのでご注意ください。

※11月30日(火)午前0時(日本時間)前に外国を出発し、同時刻以降に到着した者は対象となりません。

 

変更点(2)有効なワクチン接種証明保持者に対する行動制限緩和措置の見直し

 

「水際対策強化に係る新たな措置(19)」で日本が承認したワクチン接種者については隔離期間の緩和が許可されていましたが、今回の「水際対策強化に係る新たな措置(20)」により緩和措置が廃止されます。12月1日(水)午前0時(日本時間)以降の帰国者・再入国者については行動制限緩和の対象とされませんのでご注意ください。

 

変更点(3)審査済証の受付、交付を停止

 

新規入国の外国人や、隔離緩和措置を希望する方に対して受付、発行が進められていた審査済証ですが、「水際対策強化に係る新たな措置(20)」の適用をもって停止されます。本年12月31日までの停止が予定されていますが、感染状況によっては日程が変更される可能性もありますのでご注意ください。

 

変更点(4)モニタリングの強化

 

オミクロン株に係る指定国・地域からの帰国者・入国者について、入国者健康確認センターの健康フォローアップを強化するとともに、変異株サーベイランス体制が強化されます。

 

変更点(5)入国者総数の引下げ

 

11月26日(金)より1日あたりの入国者数が5000人まで引き上げられていましたが、こちらについては、既存の予約について配慮しつつ、上限数が抑制されます。

 

⬇水際対策強化に係る新たな措置(20)について

100265152.pdf (mofa.go.jp)

 

情報が日々、更新されます!

最新情報はこちらのページでチェックしてください。

水際対策に係る新たな措置について|厚生労働省 (mhlw.go.jp)