【ちょっと息抜き☕、ペンギンコラム】全国統一スマホデビュー検定

 

こんにちは!

行政書士であり中学生の息子を持つ母親でもある秋元です。

 

近年、情報化社会の加速により、子どもがスマホを持ち始める年齢が早まる傾向にあります。

 

子:「友達もみんな持ってるからスマホ買って!」

 

親:「みんなって誰よ!」

 

こんな会話が交わされるご家庭も多いのではないでしょうか。

 

スマホがこれまで以上に身近な存在になる一方で、インターネット依存やSNS利用などがきっかけで起こるトラブルが増えてきました。

 

小学生・中学生のお子さんのスマホデビューを検討している保護者の方々は、スマホを持つことで「トラブル」につながるのでは…と不安に思いますよね。

 

現在の子どもたちは学校の授業や行事で、情報モラルに関する教育やスマホ利用に関する教育などを行う機会が設けられています。

また、友だち同士でも動画やアプリなどの情報交換をしあったり、スマホに関するトラブルの事例を教えあったりなど、親が考える以上に自分自身で学んで理解しているのです。

 

デジタルネイティブである子どもたちの方がある意味詳しいとも言えます。

とはいえ、まだまだ精神的には未熟であり、親として心配は尽きませんよね。。。

 

ここで紹介したいのが、ソフトバンクによるスマホに関する正しい知識を全14問のクイズ形式で学べる「全国統一スマホデビュー検定」。

千葉大学教育学部の藤川大祐教授の監修のもと、製作されています。

 

「全国統一スマホデビュー検定」には保護者用と子ども用があり、それぞれクイズ形式で合計14問出題。選択肢から正解を選択するもので、設問ごとに答え合わせをした後に、藤川教授による解説が表示されるため、設問についてより深く学べます。

 

全国統一スマホデビュー検定 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク (softbank.jp)

 

もはや、現代の必須アイテムであるスマートフォン。

 

むやみに遠ざけるのではなく、ゲーム感覚で検定に挑戦しながら、子どもと腹を割って話をする機会にしてみてはいかがでしょうか?